働き盛りが危ない!脳ドックで症状のない脳梗塞を早期発見

体の状態をチェックして、病気の早期発見・早期治療に役立てる目的で始められた人間ドックですが、残念ながら全ての病気に対して万能というわけではありません。

中心はMRIやMRAなどの画像診断です

これは主に生活習慣病の兆候を発見することに重点が置かれていたため、日本人の死亡原因の第3位となっている脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)については、危険因子を把握しても、脳の病変まで知ることはできないのです。

脳卒中は、生命を一瞬にして奪ったり、言語障害や麻痺などの重い後遺症をもたらすことも少なくありません。小渕恵三氏(元首相)、イビチャ・オシム氏(サッカー日本代表元監督)、西城秀樹さん(歌手)、磯野貴理子さん(タレント)、大橋未歩さん(アナウンサー)、現在も懸命にリハビリを続けておられる長嶋茂雄さんが脳梗塞で倒れられたり、巨人軍の木村拓也コーチがクモ膜下出血で亡くなられたニュースは記憶に新しいところです。

これらの病気は「発症してから」の治療では遅く、「発症を防ぐための予防」が重要です。そこで、脳の病気を未然に発見するために1980年代の後半にスタートしたのが、「脳ドック」です。健康への意識が高まる中、受診者も年々増加しています。

検査の主役となるのは、MRIやMRA、マルチスライスCTなどの画像検査で、それに加えて、血液検査、尿検査、心電図、頚部超音波などが行なわれます。苦痛はほとんどありませんので、安心して受けることができます。

これらの検査で発見の対象となる病気は、自覚症状のない脳梗塞(無症候性脳梗塞)をはじめ、未破裂動脈瘤、脳腫瘍、脳動脈奇形、歌手の徳永英明さんも闘病された「もやもや病」、認知症など多岐にわたります。

脳ドックが特に威力を発揮するのは、未破裂脳動脈瘤の早期発見です。破裂するとクモ膜下出血を起こすリスクが高い脳動脈瘤ですが、破裂しなければ、一部で「物が二重に見える」などの症状があるものの、ほとんどの人は無症状です。したがって、脳ドックが発見のほぼ唯一の手段といえます。

万が一、なんらかの異常が発見されたとしても、多くはすぐに進行・悪化する恐れのないもので、「経過観察」となります。これは食事や運動などの生活習慣の改善を行い、高血圧や動脈硬化などの進行を抑えることができれば、特別な処置をしなくても病気の発症を回避することができるということです。

高血圧、糖尿病、肥満、あるいは家族に脳卒中になった人が居るなどの危険因子がある人は、自分の脳の状態を知る貴重な機会です。これらに該当する方は、40歳を過ぎたら一度、脳ドックを受診されてみてはいかがでしょうか?

Copyright(C)2015 脳ドックの基礎知識 All Rights Reserved